チャミスルの飲み方で振る理由はなぜ?意味や竜巻のやり方を紹介!

チャミスル
Pocket

最近スーパーやコンビニでもチャミスルは買えるようになりました。

チャミスルは韓国ドラマ・韓国映画でよく見かけるお酒です。

良く飲むときに振ってから飲む飲み方を見かけますが振る理由は何でしょうか?

今回は振る理由について書いていきたいと思います。

またチャミスルは商品名であって、韓国ではその他にもいろいろな韓国焼酎があるようです。

「韓国焼酎」→「ソジュ」と呼ぶそうです。

 

チャミスルの飲み方で振る理由は?

 

では早速振る理由について、解説できればと思います。

単純に振ることでより美味しく飲む!

そういった文化・歴史があるようですね。

美味しく飲むために、気になっていた振る理由について解明していきます。

 

振る理由が実は韓国焼酎の作り方にあった?


まずは韓国焼酎と日本の焼酎の違いをざっくり説明していきましょう。

  • 韓国焼酎 → 複数の原料(イモ・トウモロコシ・麦・米)を使用
  • 日本焼酎 → 芋や麦、米など単一の特定できる原料を使用

元々の韓国焼酎の歴史では、米が使われていたようです。

しかし、戦時中から米以外の代用を使用するようになったそうです。

そうやって今の「韓国焼酎」が出来上がったとされています。

そして韓国焼酎では、日本でいう甲類にあたる作り方に似ています。

そのため、醗酵して作られる際に不純物が混じります。

今と違って昔は不純物が、瓶の底の方に溜まってしまうようでした。

そこで、溜まっているものを振って竜巻を作ることで不純物を除去していたようです。

ここでポイントのおさらいです。

  • 振って飲むのには理由(歴史・文化)があった。
  • 昔は不純物が瓶底に溜まってしまうのであった。
  • その不純物を取り除くために竜巻を作り、瓶をたたくことで瓶から取り除いていた。

チャミスル以外にも韓国焼酎は多くありますね。

今回はフレーバー含め紹介していきたいと思います。

ちなみにチャミスルは有名なJINROので私自身は驚きました。

その他に確認できたのは以下の通りです。

  1. ジョウンデー
  2. チョウムチョロム
  3. C1
  4. 大鮮(デソン焼酎)

このように確認ができており、今回購入可能なフレーバー確認できたのは1,2についてです。

1,ジョウンデー

    • ブルーベリー
    • グレープフルーツ
    • もも
    • ゆず
    • ザクロ
    • パイナップル
    • メロン

2,チョウムチョロム

  • ゆず
  • もも
  • 青りんご

恐らく韓国では、もっと他の種類や他の製品があることと思います。

チャミスル以外にもいろいろなフレーバーがあって楽しいですね。

ネットスーパーを使ってみる

チャミスルの人気フレーバーはマスカットです。

マスカットについても記事を書いておりますので貼っておきますね!

こうやってマスカット味を美味しく飲む!

またチャミスルアレンジとして各フレーバとのカクテルも紹介しています。

以下参考になれば幸いです。

 

くるくるさせる竜巻のやり方を実践


では実際にくるくるさせてみましょう。

やり方は、いくつかあるようですが以下に記載していきます。

 

よくみる簡単なやり方を紹介


三種類のやり方を紹介します。

  1. 下(6時)→横(3時)→上(12時)で瞬時に動かす
  2. ひたすら横にシェイクする
  3. 手首を固定してクルクルとまわしていく

1,下(6時)→横(3時)→上(12時)で瞬時に動かす

これは、瓶をもって上部が6時→3時→12時となるように瞬時に動かす方法です。

私もこの方法で行いました。

正直やる前は、そんなトルネードができるわけ…

と思っていましたが、しっかり渦がまかれきれいにトルネードができて驚きました。

 

2,ひたすら横にシェイクする


こちらはひたすら横にシェイクしていく方法です。

1のように角度をお伝えすると、2時と10時を行き来する形です。

こちらもやりましたが、1番の方が強く渦巻いていたように思います。

ただひたすらシェイクするだけなので楽にトルネードができると思います。

 

3,手首を固定してクルクルとまわしていく


これはやったことはないのですが、瓶の上部で円を描くようにクルクル回していくやり方です。

感想としてはクルクル回すやり方だと、ポップな感じで可愛らしく感じました。

こんな形で、くるくるさせてトルネードをやってみましょう。

次は番外編ですのでトルネードライトについても書いています。

 

番外編:くるくるさせてライトをスマホライトを当てるとキレイ!


余談ですが、知っている人もいると思います。

スマホライト×チャミスルトルネード

これが意外ときれいなんです。

夜飲みながら、ほんの少しの息抜きに眺めてみてください。

 

まとめ

オンラインクレーンゲーム トレバ
24時間営業中のオンラインクレーンゲーム 『トレバ』!

今回は、チャミスルの飲み方について記事を書いていきました。

改めて振る理由について知ると歴史を感じますね。

また私自身も振ってみたところ、意外と簡単にトルネードも出来ました。

トルネードできると何度かやってしまう自分が居ました笑

飲みながらも楽しめるのがチャミスル(韓国焼酎)でした。

味の方もチューハイやビールよりは、度数が高いもののすっきりしつつも甘めです。

チャミスルの飲み方で振る理由と竜巻の作り方についてぜひ参考になれば良いと思っています。

暑い時期ですが、キンキンに冷やして召し上がってください。

チャミスルのグラスも気になっていたので記事書いております。

気になる本場のグラスはこちらの情報から!

こちらはおすすめの味と飲み方です!

割り方はソーダ割が断然おすすめ、必見のアレンジはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました